ピアノ発表会の効用

2017/07/28

当教室では定期的に生徒さんの発表会を催しています。
ピアノを習って間もない生徒さんにもピアノソロという形にこだわらず参加していただきます。音一つ弾ければ素晴らしい音楽に編曲できるのもピアノの強みです。


先生とあるいは生徒同士で連弾したり、家族でピアノを弾ける方がいれば親子、兄弟姉妹のアンサンブルも素敵です。参加した方々は、もう一度やりたいと必ず言います。

中には「発表会には出ません。私は自分でピアノが楽しめればいいので人の前で弾くなんて恥ずかしくって」と言われる生徒さんもいます。大人の方に多いのですが、なんとか説得して出演してもらい、当日どうなるかと心配していると以外に楽しそうに弾いている光景をよく見かけます。人間には潜在的に自分が努力して成し遂げたものを他の誰かに聴いてもらいたいという欲求があると思います。

 

ピアノ発表会の効用

そこで思い通りの演奏ができたら最高の達成感を味わえます。逆に思い通りの演奏ができなくても、どこを直せば良くなるか等反省の材料が見つかり次に繋げることができると思います。

発表会は演奏当日も大切ですが、実はそれに向かって努力することのほうが何倍も重要です。それによって自ずと結果が出ます。自分の世界だけでは進歩も発展もないのです。

もう一つ大切なことがあります。発表会は自分以外の生徒さんの演奏が聴ける唯一の機会です。自分と同じ年齢の方の演奏や、同じ作曲家の演奏を他の人はどう弾いているのか等とても勉強になります。私が小さい頃、発表会に年上の方の上手な演奏を聴いてとても感動したのを今でもハッキリ憶えていますし、あのように上手に弾けたらと憧れたものです。それがもっと努力しようという気持ちに繋がりました。

 

ピアノ発表会の効用

それからもう一つ家族の励ましがあります。
発表会の最後の挨拶に私は必ずご父兄に今日の演奏を褒めてあげてくださいと伝えます。褒められることで人間はまたやる気になるのです。

小学校低学年までは発表会は一つのイベントとして楽しむことに専念できますが、学年が上がるごとに上手に弾けなかったらどうしようと不安になるものです。
その不安を和らげるにはご家族の協力が不可欠です。

発表会を通して演奏当日に向けて努力を重ねることの大切さ、思い通りの演奏ができた時の喜び、他者の演奏を聴いたことで見つかる自分自身の新たな目標と課題など様々なことに気付けます。熊谷ピアノ教室では子どもから大人まで、個々のレベルに合わせてレッスンを行っています。ピアノに興味があり、仙台市でピアノ教室をお探しでしたら無料体験レッスンへお越しください。